新潟県コミュニティ・フォーラム2012

11月24日(土)に行われた新潟県コミュニティフォーラム2012へ小野さんと行ってきました。関越道で虹がお出迎え。

きっかけは先日、SPOT3へ遊びに来てくれたJELLY JELLY CAFE Niigataプロデューサーの西村さん。このイベントの主催者です。

10分のプレゼン枠を頂けると言うことで「SPOT3はこんな変なところです」と話してきました。

プレゼンしてその後色々な方から反応を頂けました。ありがとうございます。

私が思ったのは「地方の話は地方には伝わる」ということです。

SPOT3の話を都内ですると「面白いことやってるねー」「ショッピングセンターに作って人が集まるの?(おそらく都内の人はレイクタウン等、郊外型ショッピングモールをイメージすると思われ)」という反応です。

今回話を聞いてくださった方々の反応はもっと具体的なものでした。やりとりしていて共感指数が高いと感じました。

今回、20を超える新潟県で活動されている方のプレゼンを聞きました。米所新潟ならでは農業のものがあったり産業の違いはあれど地域コミュニティをどう形成し維持・発展していくか、という課題は地方共通のものなんだなと思いました。

印象的だったのはコミュニティを主催している女性が多いこと。しかも若い人が多い。もし足利で開催するとどんな男女比になるんでしょうか・・・気になります。

主催者の西村さんが「イベントのオープンソース化」という言葉を使って「コミュニティ・フォーラムを栃木でもやってください」とお話があったので前向きに検討します。

フォーラム終了後はギークハウス新潟にお邪魔して「無限鍋」をごちそうになりました。何が無限かというと食材はカンパで成り立っていて、様々な人が無限鍋をきっかけにギークハウス新潟へ訪れカンパが繋がっていくことで無限に続く鍋・・・と個人的に理解。

ジョウモウ大学の橋爪さんが言っていた「恩送り」に近いものを感じました。

土産物屋が閉まっている時間だったのでギークハウス新潟の近くにあるスーパーへ寄って地元民おすすめのお菓子をいくつか購入。亀田製菓の新潟限定品らしいです。食べたらおいしかった・・・関東でも販売して欲しい。

まとめ

  • 地方の話は地方へ伝わりやすい。A地方→大都市→B地方ではなく、地方同士がもっと繋がるイベントや仕組み作りを
  • 新潟へ行ったらギークハウス新潟へ
  • 土産物は地元のスーパーのおせんべいコーナーを見るべし

宇都宮市にあるコワーキングスペースHottanへ



Hottanへ行ってきました。11月にOPENした宇都宮市にあるコワーキングスペースです。

SOCO(ソーコー)という建物の2F、3Fにあります。名の通り、倉庫をリノベーションしたもので、まだペンキの香りがしました。

コワーキングつながりということで情報交換など有意義な時間を過ごさせて頂きました。

宇都宮近辺の方、ぜひ行ってみてください。

ちんちくりん


次女。

まだ1歳ちょっとのちんちくりんですが、こういう表情を見ると何を考え、何を感じているんだろうと。

聞いてみても「あ、パパが話してきた」とニヤリと笑うくらいなんですよね。

ある意味、この意思疎通がまだうまく出来ないけど、こっちのことや回りのことを見て認識し何か考えているだろうという時期が結構楽しいです(笑)

さいたま水族館へ



週末はさいたま水族館へ行った後、羽生イオンでお買い物。

毎回思うのがせっかく水族館へ行ったのに子供たちが盛り上がるのは「金魚」・・・うちにも金魚いるでしょうに(笑)

無印良品へ行ったところ、前から気になっていた「紙と遊ぶレゴ」が割引されて売っていたので購入。品物の入れ替えなのか、はたまた売れなくて処分されていたのか。個人的に「これ面白いなー!」と思ったので前者であって欲しい。

レゴを紙のジョイントや台、装飾として使うというアイディアが良いです。レゴの大きさに穴を開ける専用パンチがあれば、家にある画用紙で遊べます。最初、ちょっとお金は掛かるけど、あとは子供たちの発想にお任せ。

早速、6歳の娘が夢中になってやってました。私も隣で夢中になってましたが。

読書の時間の作り方


電車の中は本が読めるので電車通勤の人が羨ましい。

今日はうっかりNexus7の充電を忘れたのでiPad2を持ってきたのですがさすがにこれは大きすぎ。吊革につかまって読もうとは思えませんでした( ̄。 ̄;)