エールクリエイティブさんのオープン記念セレモニーへ行ってきました

DSC_7049

友人の藤枝さん、大島さんが群馬県太田市に「エールクリエイティブ」というスペースをオープンしました。ここは大きく分けて3つの用途(コワーキング、ギャラリー、レンタルボックス)の場所です。

私たちがコワーキングスペース SPOT3を運営してきたノウハウをお伝えしてメニュー作りなどに役立てて頂きました。

DSC_7014

5月26日(日)にオープン記念セレモニーが開催されたので私もお邪魔して「足利でのコワーキング事例」を話す時間を頂きました。

参加者の顔ぶれを見て思ったのは、コワーキングスペースはオーナーによって万華鏡のように変わるということ。お隣太田で同じコワーキングスペースなのに雰囲気も参加者も全然違います。藤枝さんと「スカイプを使ってスペース同士ですぐに話せるようにしようか」なんて話もでてます。せっかく近所にあるのでイベントの共同開催などやっていければ良いなと思ってます。

DSC_7094

クリエイターさんの作品展示販売も行われていますので、お近くの方はぜひ訪れてください。


大きな地図で見る

群馬銀行太田中央支店のある交差点のところです。駐車場はテクノプラザおおたの有料立体駐車場(1h/100円)をご利用ください。

鑁阿寺(大日様) 国宝指定で私たちにできること

鑁阿寺

国の文化審議会は17日、東日本を代表する中世の密教寺院である「鑁阿(ばんな)寺」(足利市家富町)の本堂を国宝に指定するよう文部科学大臣に答申した。正式に指定されれば、県内での国宝誕生は56年ぶり、建造物としては61年ぶりで、県内で17件目となる。(読売新聞より

今回の朗報で私たちが考えなければならないのは、「歴史的に価値がある」と「観光地として魅力的」は別物だということです。

鑁阿寺は前者で国宝になったわけで、後者で国宝になったわけではありません。

もし後者であれば国宝にならなくても観光客は既に大勢やってきてると思いませんか?

現状、栃木県の観光統計を見ると実は足利学校よりも鑁阿寺の方が来訪者が多いですが、それでも他所と比べると「観光地として魅力的」ではないわけで「国宝になったので、行ったけどがっかりだった」などとブログやTwitterに書かれるのではないかと思うのです。

「国宝になったから客がいっぱい来るぞ、さぁ売るぞ」という考え方ではなく、20年前の太平記ブーム(大河ドラマ)が足利にはあったわけですから、その時のデータや反省点などを生かすことや、最近のソーシャル的な活動にもつなげる形でやっていくことが大切だと思います。

20年前と今は違います。今は市民がソーシャルメディアを使って横に「つながり」「つたわる」環境があり、そこから何かが「つくりだせる」ことができます。

このチャンスを「たにんごと」とは思わず「じぶんごと」として何かを始めてみませんか。NPO法人コミュニケーション・ラボはそのお手伝いをITを使ってできます。

10万人の観光客を満足させるのではなく、その日に会った何人かの観光客が「足利に来て良かった」と思ってくれることで十分なのです。そういう活動が足利で増えて広がっていけば結果的にたくさんの人々が来て良かったと思ってくれる街・場所になります。

 

————————————————————————————————–———–

「足利の情報をもっと簡単にもっと便利に伝えたい」という活動をしているNPO法人コミュニケーション・ラボのホームページはこちらです。ホームページの作り方、ブログの作り方、ソーシャルメディアの活用法などにお困りの方はぜひコムラボまでご相談ください。企業向けのご相談も承っております。

インターネット放送局 足利テレビでは、足利にゆかりのある方のご出演を随時募集しています。まずはお問い合わせください。

—————————————————————————————–——————-

Amazon Kindleか楽天Koboか。電子書籍サービスはどれが良いの?

「電子書籍のサービスはどれが良いの?」「タブレットがあれば電子ブックリーダーいらないの?」などなど、最近質問を頂くことがあります。

—-電子書籍のサービスはどれが良いの?

サービスごとに特徴があるので使い分けることをおすすめします。私は主にAmazon Kindleと楽天Koboを使っています。

どのような使い分けをしているかというと

Amazon Kindle

  •  Kindleストアの画面が楽天Koboより使いやすいので、いつもチェックしているのはKindle
  • 楽天Koboより早く電子書籍化されるイメージがある
  • 日替わり週替わりのセール品のバリエーションがあってつい毎日チェックしてしまう(=見つけるのが楽しい)

これだけ見ると「Kindleだけで良いんじゃない?」となりますが、楽天Koboにも特徴があります。

楽天Kobo

  • 楽天ポイントが使える。大きな物を買ったポイントで電子書籍が買える。
  • 楽天が頻繁にやってるポイントキャンペーンを活用して同じ書籍をKindleで買うよりお得に買える。
  • 海外のKoboクーポンが使える(現時点では)。そのため、楽天Koboがやってない50%割引クーポンなどを使うことで更においしい。「Kobo クーポン」でグーグル先生に聞いてみると幸せになれます(笑)

例えば…

「ドラッカー名著集4 非営利組織の経営」の単行本(紙の本)の定価は1,890円。Kindle版とKobo版が単行本より少し(2割くらい)安い。

みなさんならどちらを買いますか?私ならKoboで買います。40%割引あたりのKoboクーポンを使えば定価と比べて半額くらいで買える場合があります。

「えー、そんな高い本買わないよ?」という方は楽天ポイントとKoboクーポンを併用して毎月数冊コミック本やシリーズ小説を揃えていくと結構安く揃えられるのでは。中古本を買っても作者に印税は入ってきませんが電子書籍なら多少入ります。

特徴を把握し、特典をうまく使えば電子書籍の方がお得です。得した分で電子書籍リーダーを買えば更に快適です。電子書籍リーダーについてはまた後ほど。