2015-04-23 19.38.102015-04-23 19.32.17

都内へ行く用事があったので、帰りがけにヨドバシ秋葉原でApple WatchとMacbookをいじってきました。欲しいなぁと思ったのは意外にも前者だったという・・・。

新型Macbookのキータッチはキーを叩くというより物理的に区分けされている液晶画面を叩いているような感触。個人的に物理キーボードはある程度ストロークした方が使用者は安心すると思うのだけど、新型Macbookで実現したのはストロークが浅くても打ち漏れがない機構だけ。それも素晴らしいアイディアだとは思う。

例えるならiPadやAndroidタブレットの画面上に表示されるソフトウェアキーボードを使っても全然業務用途でいけますよ!という人は新型Macbookのキーボードでも大丈夫。むしろ快適。でも、Macbook Airのキータッチは我慢できるけど出来ればMacbook Proくらいストロークがあれば良いなと思う人は多分生理的に受け付けないと思う。

Apple Watchは閲覧専用の小さいiPhone、iPodという印象。バンドとかセンサーとか新しいところに目が行きがちだけど、コアとなるのはiOSなわけで、腕に巻ける小さい画面のiOSデバイス。そこに時計という形の付加価値がついただけ。ソフトウェア面のユーザー体験はiOSが培った長年の蓄積があるから初物の危険性を下げられているのかな→初物の地雷感が薄くなる→ちょっと欲しいなぁ、という感じでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA