「iPadで映像を作ろう in 足利」を開催しました

柏から株式会社InnovationPowerの宮島 衣瑛さんたちを講師としてお招きして小学校4年生以上を対象にした「iPadで映像を作ろう in 足利」を開催しました。

午前は座学+撮影準備、午後は撮影、編集、発表というスケジュール。5班に分かれて行いました。鑁阿寺周辺と中橋周辺で撮影したのですが、編集した動画を見ると切り口が全然違って興味深かったです。鑁阿寺に行ったのにお寺を撮らない班もあったし(笑)

年間を通してやりたいよね、とコムラボメンバーの茂木さんと話していたのですが、課題はお金。今回はテストという形で行ったので赤字分はコムラボが補填しますが、これを続けるのは無理。

「足利の子どもたちに学校では学べない経験を」という形で企業協賛を募るなどちょっと考えてみようかなと思ってます。

「君の名は。」をユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかがで見てきました

なかなか時間が作れず、ようやく「君の名は。」を見ました。長女、長男、次女、同伴。長男は妖怪ウォッチが気になるようでしたw

「彼女と彼女の猫」からの新海誠ファンとしては、大作映画の製作システムになって新海節はどうなるのか心配でしたが、それは要所要所にあって楽しめました。子どもたちと一緒に行きましたが泣いた。おすすめです・・・って、もう累計1500万人以上が見てますがw

世界観はありつつも登場人物のストーリーを広げない。彼と彼女の視点でしか物事を書かない、それだけに107分を費やすという選択と集中が新海監督には合っているような気がします。世界観の描写は登場人物を描こうとして収まらなかったのが「星を追う子ども」なのかなと。

新海監督は彼氏彼女未満の「距離による断絶」を「雲のむこう、約束の場所」で描き、「自分たちでは抗えない断絶」を「秒速5センチメートル」で描き、「時間による断絶」を今回の「君の名は。」で描きました。次の作品だと何になるんでしょうかねぇ・・・。ここまで売れちゃったし、次で結果を出せるかが気になります。