不惑になって思うこと。地域のNPOと共に過ごした30代

先日、不惑になりました。不惑というけれど、惑いまくりの毎日ですw

40歳になって思うのは、あれ、いい年のおっさんになったのに大したことないぞ、と。子どもの頃、40 歳 といったら「ザ・大人」で憧れる存在だったのに自分がなってみると毎日頭を抱えて生きている。過去の認識とのギャップに戸惑います。

地元の足利学校には孔子が奉ってありますが、「不惑」は孔子の言葉からきています。

子曰はく、「吾、十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑はず。五十にして天命を知る。六十にして耳順ふ(したがふ)。七十にして心の欲する所に従へども、矩(のり)を踰えず(こえず)」

孔子は「40にして迷わなくなった」と言っていますが、嘘じゃん。ソースは俺。

山本一郎さんの「ズレずに生き抜く」という本を読みました。この「ズレず」というのは、何に対してだろうと読みながら考えました。

自分がズレないのか、社会や未来に対してズレないのか。前者は、自分の芯を曲げず会社や社会に抗って生きていく。若い頃はそれが格好良いことだと思っていました。40になって思うのは、後者こそ「ズレずに生き抜く」ことなんじゃないかなと。言葉遊び感がありますが、自分がズレることがズレずに生き抜くことなんじゃないかと考えています。

30代は 振り返るとズレまくっていたなと。私の昔を知る人から見たら、地域のNPOを立ち上げ、メディアを立ち上げ、不本意ながら「まちづくりの人」と認識されてことを不思議と思われているのではないでしょうか。いまでも「足利を元気にする人(意訳)」と言われると背中がぞわぞわします。

NPO作ったのも、地域メディアを立ち上げたのも、コワーキングスペースを作ったのも、なぜかカフェまではじめたのも、元々人生の予定になかったものです。社会に出たときのスキルセットはIT系でした。

コムラボを作って様々な地域の課題を知りました。「性に合わないんだよなぁ」と思いつつ「波が来ているから乗ってみるか」と気になったものには手を出したい性分もあって9年続けたら「どうしてこうなった状態」が今です。

地方はクソゲーです。ルイーダの酒場へ行こうとしたら酒場がない。頑張って経験値をあげてもゴールドが手に入らない。まだ「どうのつるぎ」しか持ってないのに妙にややこしいモンスターが出てくる。頑張って倒した報酬がこれかよ!と心が折れそうになります。結構レベルアップしたのに、次に強い敵が全然出てこない。歯ごたえがない。何度、東京へ行こうかと思ったことか思い出せないくらい地域に失望しました。

それに比べて東京はファミ通のクロスレビューで殿堂入りしちゃうゲームです。ルイーダの酒場はあるし、レベルに応じたフィールドが用意されてる。武器屋へ行けばレベルに応じた武器が正価で売ってます。レベルを上げれば相応の敵が用意されてる。攻略本も売ってるぞ。

そんなクソゲーをはじめて9年、来年でコムラボは10年になります。狙ったわけではありませんが、私の30代はコムラボと共にありました。一緒に活動してくれる人々に感謝。

若者は殿堂入りしちゃうゲームに憧れてクソゲーに手を出してくれません。コムラボのNPOメンバーは年々減る傾向で、さて、どうしたものかなと。「クソゲーでもプレイの仕方によっては面白いんだよ」と言いたいです。1/1380万で生きるより、1/15万で生きた方が人生の痕跡は残せると思います。

「若者は東京へ追い出される」白鴎大学小笠原ゼミ成果発表会

「若者は東京へ追い出される」白鴎大学小笠原ゼミ成果発表会

今日は夕方から白鴎大学へ。経営学部小笠原ゼミの成果発表会に参加しました。

題目は「北関東で若者が暮らし続ける社会をデザインするために」。4つのグループがそれぞれのテーマで15分発表のあと、質疑応答という流れ。参加者は学生、OG/OB、県庁職員、市役所職員など、教室はほぼ満員でした。

北関東の公共に携わる人(特に行政)は正座して聞いた方が良いんじゃないか、と思うくらい刺激的な言葉がスライドで繰り広げられました。

それぞれの発表は、統計資料を引用した考察・分析、関係役所へのヒアリング結果、それらエビデンスに基づいた必要な方策という流れで各グループが実施。

「若者は東京へ追い出される」
「某県庁は若者のことを重視していない」
「新しい考えや価値を受け入れる度量がない」
「古い価値観を押しつけ、社会の変化に対応できていない」

私も過去、地域から追い出された者として「あー、わかるw」とニヤニヤしながら聞いてました。

質疑応答で印象的だったのは、某市役所職員が「若者が追い出される」「若者に干渉しない」の発表内容に質問をしていてゼミ生との話が平行線だったこと。

あれ、これっていじめに似ているのかなと思いました。被害者側はやられていると感じている。加害者側はそういう認識がなくて、指摘を受けて「具体例を示して欲しい」と証拠・根拠を求める。「私がしたことのどこがいじめだっていうの!?」みたいな。加害者が歩み寄る姿勢が全くないです。

小笠原先生が「若者の数少ない特権は逃げること」と仰ってて、確かにそうだなと。地方に住みたいと思っても働きたい仕事がない、新しいことをやろうと思っても古い価値観で判断されて肯定して貰えない。地方に自分の居場所がなければ、ヒト・コト・モノが溢れる東京へ行くしかありません。

ヒアリング結果の県庁や市役所の話を聞く限り、地域から逃げる若者は減りません。行政は「昔、若者だった自分」の情報を元に判断しているきらいがあります。質疑応答でも「私の若い頃は~」と話す大人がいました。いまの若者の本音を聞く術を考えず、寄り添うこと、寄り添えないなら良い意味で構わないことができない。家庭環境などで逃げられない若者、もしくは事実が見えていないおめでたい若者たちを担い手として今後地域はやっていけるのでしょうか。

色々と考えさせられた成果発表会でした。参加して良かったです。みなさんおつかれさまでしたー!

白鴎大学小笠原ゼミ成果発表会

下野市の「吉田村まつり」へ行ってきました。

「一度実際に見に来ると良いよ」と言われていた。足利市内でイベントはあるもののマチノテはスタッフに任せられるので行ってきました(SPOT3時代はこれができなかったので助かります)。

下2人を連れて下野市へ。足利からだと下道で1時間ちょっとくらい。結いプロジェクトの野口さん、CAFE FUJINUMAの藤沼さん、Intervalloの及川さん、あとコムラボ理事でもあるハルカさんに顔を出しつつ、会場をうろうろ。

このロケーションいいですねぇ。そこそこ広い、そこそこ狭いとも言える広場を囲むように大谷石づくりの倉庫。間近にお店や公民館があるのでトイレなどもある。仮に規模を拡大したくてもこのロケーションありきのようにも思えるのでスケール出来ないのが良いです。子ども連れでも体力をがっつり削られない広さ。例えばまちなか系イベントだとどこまでもスケールアップしてしまうのでイベントの質を保つのが難しいんですよね・・・。

また行きたいです。

課題を先送りすることで人生の逃げ切りが”出来ない”私たちがやること

20~30代が負う「日本型先送り」の甚大なツケ | 国内経済
今の日本は戦後かつてないほどの大きな課題を数多く抱えています。内政的には1000兆円を超えるほど政府部門の財政赤字が膨らんでしまい、年金・介護・医療といった社会保障制度が超少子高齢化で持続可能性が危ぶま…

東洋経済に上記記事が掲載されました。20年後に景気か不景気か、なんてことは分かりませんが、人口推計はかなり精度の高い未来予想です。

10年後、20年後の人口構成から見えてくる社会の課題について、先送りしまくって今がある。すでに様々な問題が見える化していく中で、これからも先送りしていくのか。残念ながら政治や経済の意志決定者である中高年が「先送りすることで人生の逃げ切り」を決めようとしている節があるので、先送りされるのだと思ってます。

「過去」と「現在」と「未来」という考えられる限りの課題の全部を数十年後に無茶ぶりされる今の20代、30代。その時がやってくる前から行動することで来たるべき人災に準備する。難題を押しつけられたら自体を変えていく能力や経験を今から意識して身につけないとやばい。地域を知るには地域メディアが必要だという認識でメディア運営をしています。

地元もそうですし他の地域を見てもそうですが、まちづくり系の多くは「昭和の成功体験の再現」「他の地域で成果が出たことの劣化コピー」を目指しているように思えます。一見若い人がやっているように見えても中身は「歳を取った若者」的思考が垣間見られます。

私たち、コムラボは名前の通り「ラボ=実験場」です。自分たちが正しいとか合っているとか考えていません。正解がない課題への取り組みだからです。「こういうことが考えられるのではないか」という仮説に対して検証し、次の打ち手を変えていくことをやっています。

今日のカレンダーを見て「ああ、8年前の今頃、丁度活動を始めたんだなぁ」と思ったのでつらつら書いてみました。あの時、8年後にカフェを作るとは想像すらつきませんでした。「20年前にはこんなことやってるとは想像つかなかったなぁ」と仲間たちと笑いながら話せる未来が創れれば良いなと。

足利市立桜小学校の桜並木

足利市立桜小学校の桜並木

「足利千歳さくら祭り」として今年で35回目の開催。耳に入ってくる情報だと今年で最後の開催とのこと。去年まで地域の商店の屋台が出ていたのですが、今年はテキ屋さんのみの出店です。

袋川に掛かる橋から東向きに撮影
袋川に掛かる橋から東向きに撮影

4月上旬が寒かったこともあり、開花が遅れて4月7日現在でも満開にはなっていないです。丁度週末が見頃ですし、入学式にも桜がそこそこ残ってそうなので良い感じですが、さくら祭りは満開を待たずに4月5日で終了。現在はテキ屋さんも出ていないという、私の記憶だと初めて見る「満開だけど屋台が出ていない千歳の桜並木」です。

この桜をいつまで見られるのだろう
この桜をいつまで見られるのだろう

ソメイヨシノは寿命が60年という説もありますが、ここ数年、枝の落下が目立つようになりました。物心ついた時から当たり前のように春になると咲き乱れる千歳の桜ですが、これを当たり前とせずに長く愛でるためにやった方が良いことってあるんじゃないかなぁと思いながら写真撮影していました。

「素通り禁止!足利」で思うこと。シティープロモーションの在るべき姿って何だろう

素通り禁止!足利」は、2017年1月からはじまった足利のシティープロモーションキャッチコピーです。最近リリースされたこのキャッチコピーの使い方は難しいなと思いながらFacebookフィードやTwitterタイムラインなどを眺めてます。

「足利にはこんなに良いところがあるのにおまえら素通りかよ」という風にも読めるので上から目線。足利人のプライドの高さが醸し出されています。キャッチコピーとして否定形を使うのはありだと思います。地方創生でうんざりするほど目にするゆるふわ系表現よりよっぽど良いです。これだけを見ると「あ、面白いところをついてきたな」と。

ただ、否定表現なのでどうでもいい写真にハッシュタグを付けてシェアされてもその投稿を見た人は「・・・で?」で終わってしまうような気がします。息を呑むような素晴らしい風景、思わず食べたくなるような料理、楽しそうに暮らす足利の人々の写真など、プロもしくはプロ級のアマチュアが手がけたクリエイティブなものにハッシュタグをつけてSNSで拡散させるのは良いと思いますが、素人に使わせる飛び道具としてはどうなんでしょう。この街をどうしたいか、この街の市民にどうなって欲しいかのメッセージが見えてこないと思います。とにかく「素通り禁止だよ、足利」としか伝わらないのではないでしょうか。

同じ栃木県宇都宮市のキャッチコピー「住めば愉快だ宇都宮」に比べて汎用性の低さも気になります。宇都宮は「〇〇〇愉快だ宇都宮」として頭に色々なキーワードを入れることができます。例えば「読めば愉快だ宇都宮」「飲めば愉快な宇都宮」などです。

足利だと横展開の方法はどうなるんでしょうね。「〇〇〇禁止!足利」が考えられますが、〇〇〇の後に来るのが否定表現なので使い勝手が微妙。否定表現はSNSで拡散され周知されやすいですが、その先が難しいのは「保育園落ちた。日本死ね」に通ずるところがあると思います。このような表現が増えると「禁止だらけの街、足利」になると思うのですが、それは歴史と文化の街を自称する足利にとって良いことなのでしょうか。

それじゃどうすれば良いか

  1. 「この街をどうしたいか、この街の市民としてどう在りたいか」を考え「素通り禁止!足利」に絡めていく。新聞報道をはじめとして取り上げられているので「旬」であることは確かです。乗るしかない!このビッグウェーブに。「〇〇〇禁止!足利 ~サブメッセージ~」や「〇〇〇禁止!足利 ~サブメッセージ~」という形で地域で活動している団体などが「うちは〇〇をやっている。うちには〇〇があるから寄って行ってよ!」とPRする。
  2. 残念ながら現状SNSで共有されている素通り禁止ハッシュタグの写真、投稿の多くは素通りされてしまう内容です。「素通りさせない写真講座」「素通りさせないライティング講座」「素通りさせないSNS講座」などを開くことで市民・個人店・企業の情報発信の質を高める。
  3. 「素通りされてしまう実態調査」を行う。なんとなく「足利は素通りされちゃうよね」というのは多くの人の共通認識ですが、実際に「なぜ素通りされてしまうのか」というデータは私の知る限りありません。4月、5月の大藤で賑わうあしかがフラワーパークに来場する観光客にアンケートもしくはインタビュー調査。データに基づいた「素通り禁止」対策を今後行うことができます。調査をきっかけに観光客に接触することで「へー、そんなところあるんだ」とあしかがフラワーパーク以外にも言って貰えるプロモーションも兼ねられる一石二鳥では。

足利がはじめたことでシティープロモーションに興味を持った方は、東海大学の河井孝仁先生の著書がおすすめです。先生の専門は行政広報論、シティープロモーション。以前、足利市役所でも講演をされました。著書には他の地方の事例(宇都宮市、鯖江市、流山市など)を絡めつつ、分かりやすく書いてあります。河井先生は、コムラボがお世話になっている法政大学の藤代裕之先生(ジャーナリズム論、ソーシャルメディア論)が運営されている日本ジャーナリスト教育センターのフェローもされており、私が2016年に参加したジャーナリストキャンプ石巻の事前準備会でもアドバイス頂きました。

河井先生は「シティープロモーションでまちを変える」の中でこのように書いています。

シティープロモーションは、地域(まち)を変える力を持っている。
地域(まち)を変えるのは、地域(まち)に関わる人々である。地域(まち)に暮らす人々が、離れていても地域(まち)を想う人々が、それぞれの場で幸せに暮らし続けるために、地域(まち)を変えていく。
そのためにシティープロモーションはある。
シティープロモーションは、地域(まち)を真剣(マジ)になる人が育つしくみである。

「素通り禁止!足利」のシティープロモーションがはじまったことは良いことだと思います。行政主導でやるだけではなく、これをきっかけにまちを知り、まちをどうしたいか考え、足利の未来を共に創るために真剣(マジ)になってみませんか。

「iPadで映像を作ろう in 足利」を開催しました

柏から株式会社InnovationPowerの宮島 衣瑛さんたちを講師としてお招きして小学校4年生以上を対象にした「iPadで映像を作ろう in 足利」を開催しました。

午前は座学+撮影準備、午後は撮影、編集、発表というスケジュール。5班に分かれて行いました。鑁阿寺周辺と中橋周辺で撮影したのですが、編集した動画を見ると切り口が全然違って興味深かったです。鑁阿寺に行ったのにお寺を撮らない班もあったし(笑)

年間を通してやりたいよね、とコムラボメンバーの茂木さんと話していたのですが、課題はお金。今回はテストという形で行ったので赤字分はコムラボが補填しますが、これを続けるのは無理。

「足利の子どもたちに学校では学べない経験を」という形で企業協賛を募るなどちょっと考えてみようかなと思ってます。