その交流会、本当に必要ですか?

「地域の様々な人たちを巻き込んで」と嬉しそうに言う人たち | 長田英史|場づくり® | note
NPOや市民活動、地域活動の世界でよく使われる、「地域の様々な人を巻き込んで…」というフレーズがあります。「地域の様々な人たちを巻き込んで、お祭りを開催しました」「地域の様々な人たちを巻き込んで、どんどんつながりが出来ました」こんな風に、たいてい肯定的に使われます。「地域の様々な人たちを巻き込んで」成功した例は、たくさんあります。僕自身、そういう動き方をしたこともあります。ただ、僕はこのフレーズがあまり好きではありません。「様々な人たちを巻き込んで」ということを肯定的にとらえているのは、「巻き込んだ側の人たち」ではないかと思うからです。NPOは“善いこと”をしていると思う?いくつかの大

大勢集まって盛り上がるのも楽しいですが、見るべきものは盛り上がりではなく、本質です。あなたがやろうとしていたことは、その盛り上がりのなかで、本当に達成されていますか?

 

コムラボが毎月やっていた交流会、名刺交換会をやらなくなったきっかけはこれが理由です。

毎月交流会を続けても、Facebookで知り合いが増えて、盛り上がったと錯覚するような写真をペタッとタグ付けして終わり。そこに生産性や未来につながるようなことはないと思うんですよね・・・。ただ単に集まるのではなく目的意識を持ったプログラム作成が必要なんだと思います。

大分視察旅行へ行ってきました


大分県への2泊3日の視察旅行から帰ってきました。きっかけは今年頭まで足利に住んでいた大分県出身の曽根田くんです。(写真左手前)

最初はふっこう割で安く行けるぞ!2016年後半戦も頑張ろう、温泉に入って英気を養おうみたいなノリで7月に申し込んだのですが、人のつながりで曽根田くんが生まれ育った大分県佐伯市内を回り、立命館アジア太平洋大学、別府市役所とギュウギュウにスケジュールを詰め込むという・・・。曽根田くん、色々ありがとう!

7月に行ったカリフォルニアもそうでしたが、どこかへ行こうとすると人のつながりのおかげであれも見てみたいこれ行ってみたいと予定を組むのでコムラボは慰安旅行ができない団体なのかもしれない。

やりたいこと、やらなきゃいけないことを淡々とこなしていきますかねー。