NiftyMiniDriveAir(13インチMacbook Airにストレージを増やす)

2014-03-16 01.31.44-1

 

うちのMacbook Airは13インチモデル、SSDは256GBです。iTunesのデータなど転送速度をあまり必要としないデータを高速なSSDに保存しておくのは勿体ない。そこでNiftyMiniDriveAirを買いました。Kickstarterで募集していたときに見かけて悩んだのですが、その時はMacbook Proを使っていたので見送り。

2014-03-16 01.33.20

箱を開けると一工夫ある収め方。上にあるフック船長の手みたいなのがNiftyMiniDriveを引っ張り出すときに使うものです。

 

2014-03-16 01.38.07

早速Macbook Airに収めると綺麗にツライチになります。取り出すときは専用工具が必要。U字クリップを加工すれば行けそうな気がしますけどね。

 

2014-03-16 01.35.41

買う直前に128GBのmicroSDが発売されましたがまだちょっと高いので東芝の64GB microSDにしました。キングストンの4GBはおまけに入っていたものタンスの肥やしになって貰いましょうw


違いを知れば分かることもある

2014-01.25.45

ときどき「なんでWindowsもMacも使えるの?」と聞かれることがあります。

周りを見渡すとWindowsユーザーはWindowsだけ、MacユーザーはMacだけで環境を固めることが多いようです。私自身は自宅がWindowsデスクトップ、普段持ち歩くノートパソコンはMacbook Air、仕事場はMac mini、サーバーはLinux、タブレットはAndroidとiPad、スマートフォンはiPhoneとAndroid…とこだわりがありません。

WindowsとMacの見た目が違うこと=GUIが違う違うと言われますが、設計思想が違うだけで根っこは一緒だと思ってます。GUIのネタ元はパロアルト研究所です。ほぼ同時期にビルゲイツもジョブズも見学したのが後のWindowsとMacOSです。

例えば、Windowsで操作が分からなかったり初めて使うときは「どうやったら事務的か」で考えていじると答えが分かります。それじゃMacの場合はどうかというと「どうやったらクールか」…だと思ってます。ここのスイッチ「事務的<->クール」を切り替えずに使うとどちらも使いづらく感じるんじゃないかなーと個人的には思ったり。また、操作方法を覚えると使いづらくなると思ってます。ファイルを保存する操作をする時に「画面の○○をクリックして、○○を選んで……」と一連の操作を覚えるとそれしかできない人になっちゃうので注意。

昔に比べたらOSもアプリも落ちないし、CPUパワーじゃぶじゃぶ使えるし、メモリは広大だし、ネットワーク速度が速いのでWindowsでもMacでも使いやすいですよ、えぇ。

地域資源の検索エンジン対策

ashikaganokoto

あしかがのこと。 2013年アクセスランキングを公開しました。

この中で興味深い結果なのは第2位の「松田のホタル」です。検索エンジンからの流入が多く、かつ、松田のホタルの公式サイトがないのでよく読まれたようです。

足利の地域資源には公式サイトはないけどネットからも興味を持たれている(検索流入がある)イベントやお店って結構あると思います。私たちコムラボは「地域資源の検索エンジン対策」をやりたいと考えてます。

「松田のホタル」の事例に似たような情報があったらコメントやTwitterなんでもOKなのでご連絡くださいなー。

シンプルスマホ 204SHにLINEをインストールする方法

義母がソフトバンクのらくらくスマートフォン 204SHを購入。

「LINEがない」…まぁ、そうですよね(笑)仕方ないので無理矢理インストールします。(参考:ドコモのらくらくスマートフォンの場合は、2013年秋から一部機種?で提供された模様。)

用意するもの

  1. Windowsマシン
  2. 204SH 本体
  3. 通信が出来るマイクロUSBケーブル

Google PlayがないAndroidスマートフォンにアプリをインストールする方法はいくつかあるのですが、今回は以下の2つを候補にしました。

らくらくスマートフォンにLINEをインストールする方法

  1. Android開発環境をWindowsマシンに作って、apkファイルからインストール
  2. Androidのスマートフォンアプリ管理ツール(Moborobo)をインストールして、Moborobo上からLINEをインストール

最初1かなぁ…と思ったのですが、いま自分が使っているAndroid端末がないのでLINEのインストール用apkファイル作れないじゃん、と・・・。インターネットで公開されている非公式なapkファイルを取ってくることも考えましたがセキュリティ面からあまりやりたくありません。それなら選択肢その2のMoboroboをインストールして、今後のアップデートもMoboroboに依存してしまった方が楽だと判断。もしかしたら義母からLINE以外にもアプリをインストールしたいと希望がでるかもしれませんし…。

2014-01-03 16.07.28

Moborobo インストール方法

  1. Moboroboの公式サイトへアクセス
  2. Moboroboダウンロードをクリック
  3. Moboroboを起動、画面であれこれ指示をしてくるので表示に従って操作

スマートフォンをデバッグモードにすることを忘れずに。MoboroboのWindowsアプリをインストールして、USBケーブルでパソコンとスマートフォンを繋げるとスマートフォンへMoboroboのスマートフォンアプリがインストールされます。その後は、スマートフォン上のMoboroboアプリからLINEを検索してインストール。

慣れてない人でも試行錯誤しながら1時間もあれば出来るのでは。LINEってスマートフォンには必須ですよね。今までらくらくスマートフォンを買ったは良いものの「タッチパネルのガラケー」として使っていた義母がようやくスマートフォンっぽい使い方をするようになりました。

あ、そうそう、Moboroboを入れることは自己責任です(^^;

204SHを買ったら揃えたいもの

(1)スマートフォンケース

いざという時にあって良かった!スマートフォンケース。

(2)複数口のUSB充電器

一家に一台USB充電器。これがあれば家族で何台かスマートフォンを持っていてもコンセントが埋まらないのでおすすめです。

変わらないこと、変わること

P1010116

今も10年前も人がやっていることは変わらない。意外と人は進化していない。でも、変わったように思えるのは技術のおかげ。

「どこどこへ行った」
「こんな活動をしている」
「私はこんなことを考えている」

ソーシャルメディアが普及して知人友人の身近なことに触れる機会が多くなったけど、パソコン通信の時代から限られた人々で行われたマスが広がっただけに過ぎない。

18年前にWindows95が発売したことでパソコンが普及しはじめた。使った分だけ電話代が掛かるパソコン通信からインターネットに変わり、常時接続になって、ノートパソコンが安くなり、スマートフォンが普及することで徐々に技術を使える人が増えた。

スマートデバイスの時代になって世の中が変わったけど、それは人が変わったわけじゃなくて、テクノロジーが進化したおかげ。

人の変化を求めるより、技術が人に歩み寄ることをした方が世の中は変わるんじゃないかと最近思ってます。

スマートデバイスの次はGoogle Glassのようなウェアラブルコンピューターの時代になるんでしょうかね。

iPhoneやiPadなどでアプリを買う時はiTunes Cardのキャンペーンを活用すべし

2013-06-01 18.26.13

iTunes StoreやApp Storeでアプリや楽曲を買う時、クレジットカードを使ってますか?少し手間は掛かりますが、iTunes Cardのキャンペーンを使うとクレジットカード決済よりちょっとお得です。

基本的に以下のような利率が多く、期間や実施店舗が変わります。キャンペーン情報サイトで調べてみるとほぼいつもどこかでやっているようですが足利でやってない時もあるので注意。足利では、ケーズデンキ、ソフトバンクショップ、ヤマダ電機、セブンイレブン、ファミリーマートなどでたまにやってます。

10,000円券 –> 2,000円分のコードプレゼント
5,000円券 –> 1,000円分のコードプレゼント
3,000円券 –> 500円分のコードプレゼント

私は6月にヤマダ電機で購入しましたが、その時の注意点として

  • カード決済は使えない。現金での支払いのみ。ポイントはつかない。
  • 1枚ずつレジで支払うので複数枚買う時は注意。混雑時に5枚大人買いとかすると大変そう(^^;

WWDC 2013のApple基調講演を見て思ったこと

MacBook Pro

今日のWWDC見ていて思ったのは、次にエポックメイキングなことをやるのはAppleじゃないのかなぁ?ということ。

新しいiOS → JBツールで見たことあるなぁという機能
新しいMaxOS X → 標準で使いにくいので入れているツールで見かけた機能

正直中継を見ていてこんな感じに思えた。「あー、その機能、○○のアプリにあったなぁ」と連想できちゃう。

そう考えると、次に来るのはGoogle Glassなの?とか
次にやってくる世界は、手に持つデバイスの呪縛から逃れることなんだろうか?とか

普段考えないような刺激を与えてくれるという意味ではさすがAppleなんでしょうけどね。
妄想しているときが一番楽しい。プライスレス。