ジャーナリストキャンプ2016石巻に参加して書いた記事がYahoo!ニュースに掲載されました。

「芸能人古着ビジネス」はなぜ撤退するのか 被災5年後の石巻で見た支援活動の終わり方(Yahoo!ニュース) – Yahoo!ニュース
震災復興には長い時間がかかる。東日本大震災の津波で被害を受けた地域は、ガレキの片 – Yahoo!ニュース(Yahoo!ニュース)

私が担当した記事がYahoo!ニュースさんに公開されました。ジャーナリストキャンプ2016石巻に参加した成果です。苅田デスクに夜遅くまで編集して頂きました。ありがとうございます。

ゴールデンウィーク後にお目に掛かった方から「石巻行ったの?」「5日間居たの?」などお声がけ頂きました。「復興支援活動を終えた方をテーマにする」というのはキャンプ応募から変わってないのですが「終わる」という言葉が大きかったんだなと痛感。さまざまな終わり方があり、取材して貰える方を探すのが大変でした。ぜひ読んで、シェアしてください。

オープンソースカンファレンス2016 Gunmaは5月14日(土)に高崎駅前で開催です!

TechBoosterさんの本

オープンソースカンファレンス2016 Gunma実行委員会の木暮さんが「山田さんが好きそうなブツを・・・」とまた私たちコムラボが運営するコワーキングスペースSPOT3へ来てくれました。

前回来て頂いたときに話題になったTechBoosterさんの本をごっそりと。これぞ同人誌。表紙と中身のギャップがすごいwww (中は技術本です)
http://techbooster.org/

わざわざこんな本を持ってきてくれる木暮さんが実行委員会を務めるオープンソースカンファレンス2016 Gunmaは5月14日(土)に高崎駅前で開催です!コムラボメンバーも遊びに行きますよー。
https://www.ospn.jp/osc2016-gunma/

宇都宮で「ミヤラジ」開局準備中!コミュニティFM開局に関わる機会なんて一生に一度あるかないかだと思う

P3280491

3月28日(月)にうつのみや表参道スクエアで行われた第1回「宇都宮コミュニティFM放送局」開局準備説明会へ参加しました。ミヤラジさんとは栃木県でUstream放送局を行う者同士ということもあり「栃木インターネット放送サミット」や足利花火大会での中継で機材を貸して頂いたりお付き合いがあります。ミヤラジさんは5年前から放送タイトルに「準備放送」とつけて250回以上毎週放送されています。

「ついに」「満を持して」という言葉が当てはまるのでしょうか。2016年、コミュニティFM放送局を立ち上げられるということで今までずっとミヤラジさんの活動を見てきてどんな風にコミュニティFMをはじめられるのかとても興味を持ったので仕事を早めに切り上げ一路宇都宮へ。

P3280493

最初にミヤラジ稲葉局長からの挨拶と開局準備にあたり概要説明。

私は「栃木県域のメディアの中心である宇都宮市で何故コミュニティFMが必要なのか」と少し疑問に思っていました。局長の話を聞いていて納得したのですが、宇都宮は栃木県域のメディアの中心であるから下野新聞、RADIO BERRY、栃木放送、とちぎテレビなどローカルメディアを日常的に接する機会があり「栃木県域のメディアではなく自分たち宇都宮のメディアが欲しい」という動機が生まれたのではないかと考えます。逆に考えるとローカルメディアを読むのが当たり前になっていない足利市民は「コミュニティFMが欲しい」と考えるのはまだまだ先なんだろうなと。「栃木市や宇都宮市にコミュニティFMがあるのに足利にないのは何故だ」という動機で作りそうな気はしますけど(頭痛)。

P3280497

次に山口県宇部市で開局以来黒字経営を続けているコミュニティFM「FMきらら」を作った井上悟さんのお話。事前情報には載ってなかったのでまさかこの方のお話を伺えるとは幸運でした。

井上さんが「コミュニティFM開局に関わる機会なんて一生に一度あるかないかです。この素晴らしい機会に参加しましょう(意訳)」とお話しになっていてその通りだなと。

コミュニティFMなので電波は宇都宮以外へは届きませんが、ネットでも聴取できる仕組みを作るとか。どうやって立ち上げるのかを知る意味で参加してみる意義はあると思います。5月まで3回に渡り説明会が行われますが、準備はどんどん進んでいき説明会の内容は変わるそうです。出来れば3回参加したいと思ってます。

次の説明会は4月18日(月)19時からうつのみや表参道スクエアです。(第2回説明会概要はこちらをクリック

ジャーナリストキャンプ2016石巻の事前準備会に参加しました。

ジャーナリストキャンプ2016石巻の事前準備会

ジャーナリストキャンプ2016石巻の事前準備会へ行ってきました。講演は「機能のジャーナリズムと仮説思考」という題目で社会学者・西田亮介さん。

キャンプではノープランで現場へ行って取材して結果「こんな記事が書けました」という記事ではなく、仮説を立て、事前に調査・取材をした上で現地に入ることが求められています。

去年、NPOマーケソンで鍛えられた仮説思考、マーケティング思考がここで役に立つとは。去年がマーケティングを学んだ年だとすれば、今年はジャーナリズムを学ぶ年なのかなと思いつつ、日々勉強です。苅田チームのみなさま、よろしくお願いします!

Apple Watchと新型Macbookをいじってきた

2015-04-23 19.38.102015-04-23 19.32.17

都内へ行く用事があったので、帰りがけにヨドバシ秋葉原でApple WatchとMacbookをいじってきました。欲しいなぁと思ったのは意外にも前者だったという・・・。

新型Macbookのキータッチはキーを叩くというより物理的に区分けされている液晶画面を叩いているような感触。個人的に物理キーボードはある程度ストロークした方が使用者は安心すると思うのだけど、新型Macbookで実現したのはストロークが浅くても打ち漏れがない機構だけ。それも素晴らしいアイディアだとは思う。

例えるならiPadやAndroidタブレットの画面上に表示されるソフトウェアキーボードを使っても全然業務用途でいけますよ!という人は新型Macbookのキーボードでも大丈夫。むしろ快適。でも、Macbook Airのキータッチは我慢できるけど出来ればMacbook Proくらいストロークがあれば良いなと思う人は多分生理的に受け付けないと思う。

Apple Watchは閲覧専用の小さいiPhone、iPodという印象。バンドとかセンサーとか新しいところに目が行きがちだけど、コアとなるのはiOSなわけで、腕に巻ける小さい画面のiOSデバイス。そこに時計という形の付加価値がついただけ。ソフトウェア面のユーザー体験はiOSが培った長年の蓄積があるから初物の危険性を下げられているのかな→初物の地雷感が薄くなる→ちょっと欲しいなぁ、という感じでした。

しもつけ大人塾の講師をしました。(2回目)

DSC_6549

下野市のしもつけ大人塾(市民力養成講座)にてブログ講座の講師を担当させていただきました。(先月と今月の2回)

武井くんに足巣端をお願いしました。一緒に来て貰って大正解。少人数でこまめにフォローすることはやっぱり大切だと改めて思いました。

下野市役所の塩濱さん、下谷さん、ありがとうございました!

NiftyMiniDriveAir(13インチMacbook Airにストレージを増やす)

2014-03-16 01.31.44-1

 

うちのMacbook Airは13インチモデル、SSDは256GBです。iTunesのデータなど転送速度をあまり必要としないデータを高速なSSDに保存しておくのは勿体ない。そこでNiftyMiniDriveAirを買いました。Kickstarterで募集していたときに見かけて悩んだのですが、その時はMacbook Proを使っていたので見送り。

2014-03-16 01.33.20

箱を開けると一工夫ある収め方。上にあるフック船長の手みたいなのがNiftyMiniDriveを引っ張り出すときに使うものです。

 

2014-03-16 01.38.07

早速Macbook Airに収めると綺麗にツライチになります。取り出すときは専用工具が必要。U字クリップを加工すれば行けそうな気がしますけどね。

 

2014-03-16 01.35.41

買う直前に128GBのmicroSDが発売されましたがまだちょっと高いので東芝の64GB microSDにしました。キングストンの4GBはおまけに入っていたものタンスの肥やしになって貰いましょうw