なかなか時間が作れず、ようやく「君の名は。」を見ました。長女、長男、次女、同伴。長男は妖怪ウォッチが気になるようでしたw

「彼女と彼女の猫」からの新海誠ファンとしては、大作映画の製作システムになって新海節はどうなるのか心配でしたが、それは要所要所にあって楽しめました。子どもたちと一緒に行きましたが泣いた。おすすめです・・・って、もう累計1500万人以上が見てますがw

世界観はありつつも登場人物のストーリーを広げない。彼と彼女の視点でしか物事を書かない、それだけに107分を費やすという選択と集中が新海監督には合っているような気がします。世界観の描写は登場人物を描こうとして収まらなかったのが「星を追う子ども」なのかなと。

新海監督は彼氏彼女未満の「距離による断絶」を「雲のむこう、約束の場所」で描き、「自分たちでは抗えない断絶」を「秒速5センチメートル」で描き、「時間による断絶」を今回の「君の名は。」で描きました。次の作品だと何になるんでしょうかねぇ・・・。ここまで売れちゃったし、次で結果を出せるかが気になります。