課題を先送りすることで人生の逃げ切りが”出来ない”私たちがやること

20~30代が負う「日本型先送り」の甚大なツケ | 国内経済
今の日本は戦後かつてないほどの大きな課題を数多く抱えています。内政的には1000兆円を超えるほど政府部門の財政赤字が膨らんでしまい、年金・介護・医療といった社会保障制度が超少子高齢化で持続可能性が危ぶま…

東洋経済に上記記事が掲載されました。20年後に景気か不景気か、なんてことは分かりませんが、人口推計はかなり精度の高い未来予想です。

10年後、20年後の人口構成から見えてくる社会の課題について、先送りしまくって今がある。すでに様々な問題が見える化していく中で、これからも先送りしていくのか。残念ながら政治や経済の意志決定者である中高年が「先送りすることで人生の逃げ切り」を決めようとしている節があるので、先送りされるのだと思ってます。

「過去」と「現在」と「未来」という考えられる限りの課題の全部を数十年後に無茶ぶりされる今の20代、30代。その時がやってくる前から行動することで来たるべき人災に準備する。難題を押しつけられたら自体を変えていく能力や経験を今から意識して身につけないとやばい。地域を知るには地域メディアが必要だという認識でメディア運営をしています。

地元もそうですし他の地域を見てもそうですが、まちづくり系の多くは「昭和の成功体験の再現」「他の地域で成果が出たことの劣化コピー」を目指しているように思えます。一見若い人がやっているように見えても中身は「歳を取った若者」的思考が垣間見られます。

私たち、コムラボは名前の通り「ラボ=実験場」です。自分たちが正しいとか合っているとか考えていません。正解がない課題への取り組みだからです。「こういうことが考えられるのではないか」という仮説に対して検証し、次の打ち手を変えていくことをやっています。

今日のカレンダーを見て「ああ、8年前の今頃、丁度活動を始めたんだなぁ」と思ったのでつらつら書いてみました。あの時、8年後にカフェを作るとは想像すらつきませんでした。「20年前にはこんなことやってるとは想像つかなかったなぁ」と仲間たちと笑いながら話せる未来が創れれば良いなと。

「君の名は。」をユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかがで見てきました

なかなか時間が作れず、ようやく「君の名は。」を見ました。長女、長男、次女、同伴。長男は妖怪ウォッチが気になるようでしたw

「彼女と彼女の猫」からの新海誠ファンとしては、大作映画の製作システムになって新海節はどうなるのか心配でしたが、それは要所要所にあって楽しめました。子どもたちと一緒に行きましたが泣いた。おすすめです・・・って、もう累計1500万人以上が見てますがw

世界観はありつつも登場人物のストーリーを広げない。彼と彼女の視点でしか物事を書かない、それだけに107分を費やすという選択と集中が新海監督には合っているような気がします。世界観の描写は登場人物を描こうとして収まらなかったのが「星を追う子ども」なのかなと。

新海監督は彼氏彼女未満の「距離による断絶」を「雲のむこう、約束の場所」で描き、「自分たちでは抗えない断絶」を「秒速5センチメートル」で描き、「時間による断絶」を今回の「君の名は。」で描きました。次の作品だと何になるんでしょうかねぇ・・・。ここまで売れちゃったし、次で結果を出せるかが気になります。

その交流会、本当に必要ですか?

「地域の様々な人たちを巻き込んで」と嬉しそうに言う人たち | 長田英史|場づくり® | note
NPOや市民活動、地域活動の世界でよく使われる、「地域の様々な人を巻き込んで…」というフレーズがあります。「地域の様々な人たちを巻き込んで、お祭りを開催しました」「地域の様々な人たちを巻き込んで、どんどんつながりが出来ました」こんな風に、たいてい肯定的に使われます。「地域の様々な人たちを巻き込んで」成功した例は、たくさんあります。僕自身、そういう動き方をしたこともあります。ただ、僕はこのフレーズがあまり好きではありません。「様々な人たちを巻き込んで」ということを肯定的にとらえているのは、「巻き込んだ側の人たち」ではないかと思うからです。NPOは“善いこと”をしていると思う?いくつかの大

大勢集まって盛り上がるのも楽しいですが、見るべきものは盛り上がりではなく、本質です。あなたがやろうとしていたことは、その盛り上がりのなかで、本当に達成されていますか?

 

コムラボが毎月やっていた交流会、名刺交換会をやらなくなったきっかけはこれが理由です。

毎月交流会を続けても、Facebookで知り合いが増えて、盛り上がったと錯覚するような写真をペタッとタグ付けして終わり。そこに生産性や未来につながるようなことはないと思うんですよね・・・。ただ単に集まるのではなく目的意識を持ったプログラム作成が必要なんだと思います。

大分視察旅行へ行ってきました


大分県への2泊3日の視察旅行から帰ってきました。きっかけは今年頭まで足利に住んでいた大分県出身の曽根田くんです。(写真左手前)

最初はふっこう割で安く行けるぞ!2016年後半戦も頑張ろう、温泉に入って英気を養おうみたいなノリで7月に申し込んだのですが、人のつながりで曽根田くんが生まれ育った大分県佐伯市内を回り、立命館アジア太平洋大学、別府市役所とギュウギュウにスケジュールを詰め込むという・・・。曽根田くん、色々ありがとう!

7月に行ったカリフォルニアもそうでしたが、どこかへ行こうとすると人のつながりのおかげであれも見てみたいこれ行ってみたいと予定を組むのでコムラボは慰安旅行ができない団体なのかもしれない。

やりたいこと、やらなきゃいけないことを淡々とこなしていきますかねー。

ユナイテッド・シネマアシコタウンあしかがでドラえもんをみてきました

12795066_10208490365367220_7732907936571185588_o

久しぶりに地元に映画館が出来たので子どもたちと映画ドラえもんを見てきました。

今回の監督・脚本は新・のび太の大魔境の監督だった八鍬新之介さん。私と同じ世代で、おそらくドラえもんを見て育ち、アニメーションの世界に入られた方。 オリジナルの説明不足だった描写を丁寧に描いて、それだけだと尺に収まらないので省いても良い部分は思い切って削除という感じでしょうか。最適化をきっち りやったという感じで新しい要素が少なかったのは物足りないところか。

6番シアターは小さめ(収容100名ちょっと)なこともあってか、音響に違和感が。音量は大きいけど解像感がないといいますか。席は真ん中から上だったこ ともあって、膝のあたりで音がなっている感じがして音に広がりがなかったような。109シネマズや太田イオンでも小さめのシアターで見たことありますが、 こんな感じではなかった記憶が・・・。他に行った方、感想求むw

人生でどんな選択をしても学び続けることには変わらない

「プログラミングスキルがあれば学歴なんていらない」17歳女子高生が大学進学をやめて挑む初起業

最近、フィードやタイムラインで見かけるこの記事。20年前に同じようなことを思ったなれの果てが私ですよっとw

記事タイトルにある「学歴はいらない」というのは違うなと思った。「高校から大学へ進学すること」を選択しなかっただけ。人生でどんな選択をしても学び続けることには変わらないと思う。

大学進学はもっと自由であって良いと思うのだけど、どうして高校から大学へ進学することが当たり前とされているのだろうか。社会へ出て(それこそ起業して)自分に足りないもの、本当に学びたいことを知ってから進学したって良いのに。

最近学び足りないなと思っていて、社会人大学院のサイトを見ています。(高卒でも社会人大学院へ入れる可能性があると聞いて)

角川まんが日本の歴史を買ったら表紙の絵描きにふいた

角川まんが日本の歴史
角川まんが日本の歴史

去年から話題になってる角川まんが学習シリーズ「日本の歴史」を貯まったクオカードで購入。一気に買うと諭吉さんが旅立たれる結構良いお値段です。自分のために買ったのではありませんとだけ申しておきます。

3巻の表紙を見てふいたw いとうのいぢじゃないかw
忘レナ草あたりから知っている身としてはこんなところで再会するとは思いませんでしたよ・・・。

他にも小畑健、吉崎観音など読んだことのある漫画家が表紙を描いてます。

私も小学生の頃に図書室で読みふけっていた思い出があるまんが日本の歴史ですが、買ったものを読んでみると「あれ、こんなに密度が濃かったっけ」と思うくらい内容は充実していると思います。昔のは事実の描写が多くて、感情の描写は少なかったのような・・・気のせい?大人でも楽しめる内容なので、漫画好きのお父さんは買ってみてはいかがでしょう。